【堀江の不動産屋が解説】リースバックって一体何?

「資金作りのために不動産を売却したい!」「家を売りたいけど、どうしても引っ越しはたくない」今回はこんな方におすすめの不動産取引として、リースバックをご紹介します。突然まとまったお金が必要になった時には、不動産を売却すれば資金を作ることが可能です。でも、ずっと大事に住み続けてきた我が家を売却して、退去しなくてはいけないのは悲しいですよね。

しかし、リースバックを使えばそんな思いをする必要はありません。たとえ持ち家を売却しても同じ家に住み続けることができるんです。今回は、リースバックの概

要とそのメリット・デメリットについてお話しします。

リースバックって何?

リースバックは不動産取引の一種です。一般的な不動産取引との大きな違いはリースバックで自宅を売却すれば、売却後もそのまま同じ家に住み続けられるという点です。

*リースバックのシステム

売主は自宅などの不動産をリースバック専門の不動産業者に依頼して売却します。売却後、売主は家のオーナーに対して家賃を支払うことで家を売却した後もそのまま同じ家に住み続けられるという仕組みです。

*こんな方におすすめ

・すぐにお金が欲しい

一般的な不動産の売却のように入居者を探す必要がないので、売買契約がスムーズに進みます。

・引越しをしたくない

長く住んだ家から離れたくない、子供を転校させたくない、事業所と家が併設していて住所を変えるのが面倒、などのお考えをお持ちの方におすすめです。

・家の売却を知られたくない

家を売りに出す時、ご近所さんの目が気になる方も多いのではないでしょうか?できれば家の経済事情を他人に知られたくないですよね。

リースバックだと自宅の売却が他人に知られる心配がないので安心できます。

・住み慣れた家をいつか買い戻したい

リースバックでは売却後に売主が将来物件を買い戻すことも可能です。

メリットとデメリット

*メリット

・お金がすぐに手に入る点

・家の引越しをしなくて済む点

・買い戻しが可能である点

*デメリット

・家賃を支払わなくてはいけない点

・売却価格が周辺相場よりも安くなってしまう点

・ローンの返済状況によってはリースバックを利用できない点

これらのメリットとデメリットを考慮した上で、実際に利用するかどうかを決めましょう。今回はリースバックの利用についてお話しました。

売却価格が低くなってしまうなどのデメリットもありますが、同じ家に住み続けられて将来的に買い戻しが可能である点は嬉しいですよね。

現在不動産の売却を検討している方はご自分の経済状況や将来のライフプランと照らし合わせて、一度リースバックの利用を検討してみてはいかがですか?