【大阪市西区の不動産屋が解説】ペットと暮らした一戸建てを売却するときのコツ

「ペットと暮らした一戸建ては売却の時に不利になるの?」「ペットを飼っていた物件を高く売るにはどうすれば良いの?」現在一戸建ての売却を検討している方でこのようなお悩みをお持ちの方はいませんか?長く暮らした家を売りに出すときは、少なからず不安を感じるものですよね。今回はペットを飼育していた一戸建てを売却するときのコツについてお話しします。

ペット飼育は印象が悪い?

一戸建ての購入希望者にとって、売り手がペットを飼育していた事実は悪印象になりかねません。それは、「建物の劣化」「清潔感」「動物アレルギー」が主な原因として挙げられます。

犬や猫を飼育すると毎日部屋を掃除していても、フローリングや壁に爪痕がついたり動物の匂いがカーペットに染み付きます。

普段の掃除では動物の毛を完全に取り除くことは不可能なので、動物アレルギーを持つ人にとってペットを飼育していたという事実は物件購入への大きな障害になります。

そこで次に、具体的な対策をご紹介します。

具体的な対策について

*建物の劣化

売却の前にリノベーションやリフォームを行い、ペットの爪が原因となった壁や床の傷を修繕したり、目立たなくすることが大切です。

中古の一戸建ての購入を検討している人は家の中に細かい傷があることは想定内ですが、あまりに大きな傷があれば、購入意欲を低下させてしまいます。

*清潔感を保つ

ペットとの暮らしは不潔というイメージがつきものです。

内覧の際は、普段よりも丁寧に掃除をしてペットの毛を除去し、消臭剤などを使って匂いを消すなど清潔感をアピールしましょう。

また、動物アレルギーへの対策としても、内覧や売却の前にハウスクリーニングを行って徹底的にペットの痕跡を消しましょう。

ペットと暮らした家を高く売るコツ

物件を高く売るコツはペット可の物件、あるいはペットが暮らしやすい物件として宣伝することです。

これは、ペットを飼育している人や将来ペットを飼いたい人をターゲットに絞るという方法です。

ペットを飼育していた物件は現在ペットを飼育している購入検討者にとって大きな魅力になるので、他の中古物件に比べて購入の可能性が高くなるでしょう。

今回は、ペットと暮らした一戸建てを高く売却するコツについてお話ししました。

現在ペットを飼育している方で一戸建ての売却をお考えの方はぜひ一度参考にしてみてくださいね。

また、少しでも高く中古物件を売却するには複数の不動産屋に査定してもらうことをおすすめします。