【大阪市西区の不動産屋が解説】一戸建てを売却する流れについて

「一戸建ての売却に必要な手続きって?」

「物件の売却って一体何から始めればいいの?」

現在一戸建ての売却を検討している方でこのようなお悩みをお持ちの方はいませんか?持ち家を売りに出すのは大きなライフイベントです。しかし、実際にはどのようなプロセスで売却に至るのか知らない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、売却を決意してから買主に物件を引き渡すまでの具体的な流れを見ていきます。

□売却する理由の確認

物件の売却を進める前にもう一度家を売却する理由や必要性を確認しましょう。家の売却は人生の一大イベント。売ってしまってから後悔しても取り返しがつきません。なぜ現在自分は家を売却する必要があるのか、今一度確認してみると良いでしょう。

□売却の具体的な流れ

次に物件の売却の流れを簡単に6つのステップに分けて、ご説明します。

①相場を調べて売却価格の目安を決める

売却する物件の売却価格を決めていきます。周辺物件の相場を調べ、一体いくらで自分の家が売れそうなのかを判断して売却価格を設定しましょう。

②不動産会社に査定を依頼する

物件の売却は信頼できる不動産屋に依頼することが重要です。不動産会社の情報をできるだけ多く収集し、信頼できる不動産屋を探しましょう。その中から複数の不動産会社に査定を依頼することをおすすめします。

③不動産会社と媒介契約を結ぶ

一番納得できる査定額を提示してきた不動産会社と媒介契約を結びましょう。「専属専任媒介」、「専任媒介」、「一般媒介」の3つの媒介契約があります。自分がどの売却方針を希望するか、どのように売却活動を行うのかを考えて媒介契約を選びましょう。

④売却活動を始める

次に実際に売り出し価格を設定し、売却活動を始めます。売り出し価格はとても重要です。売り出し価格は自分の希望売却価格だけではなく、不動産会社の査定額や周辺物件の価格相場も参考にして慎重に決めましょう。

⑤買主と物件の売買契約を結ぶ

購入検討者が現れたら物件の内見を行い、売却条件の交渉を重ねて売買契約を進めます。

⑥物件を買手に引き渡す

契約が成立すれば物件の引き渡しです。売主は売買代金を受け取り、抵当権の抹消や所有権移行の手続きが行われます。

今回は一戸建ての売却の流れについてお伝えしました。売却物件に焦点を当て、売却から引き渡しまでのプロセスを紹介しましたが売主が「どのタイミングで引越しを済ませるのか」も重要ですよ。現在物件の売却を検討している方は、ぜひこの記事を参考にして悔いの残らない売却をしてくださいね。