【大阪市西区の不動産会社が解説】瑕疵担保責任のトラブルとは?

不動産の売買でよく聞く瑕疵担保責任という言葉ですが、内容まで詳しく知っている人は少ないと思います。瑕疵担保責任とは、簡単に説明すると不動産の売買契約のときに売主が買主にその物件の不具合や不都合の責任を負うということです。

売買契約のときに気づかなかった不具合や不都合などのトラブルがあったらその責任は売り手側が持つということです。不動産物件の場合は購入金額が高額になります。購入する前に十分その物件の情報や特徴、現地の物件の状態などを検討したり調査したりして購入を決めると思いますが、すべて把握できるはずはありません。

購入後に万が一大きな瑕疵があった場合は、買い手側は困ります。そういう買い手側のリスクを保証するために用意された制度が瑕疵担保責任です。

□具体的な事例

大阪市西区の不動産会社である当社が実際にどのような瑕疵担保責任のトラブルが考えられるかを簡単に紹介します。よくあるのが土地の購入に関するものです。

購入した土地が、後になって地盤が軟弱であることが発覚し、その補強工事に多額の費用がかかることが分かったというケースがあります。売主側がそのことを知っていて事前に買主側に通知していれば問題ないのですが、売主側が知らなかった場合でも瑕疵担保責任を負うことになります。売主が知っていてそのことを事前に通知していなかった場合ももちろん責任を負わなければなりません。

□地中に予期せぬものが!?

土地の売買でよく発生するトラブルとして、地中に予期せぬものが埋まっている場合があります。購入した土地の地中に大型のコンクリートブロックが埋まっていたり、焼夷弾が埋まっていたり、土壌自体が汚染されていたケースもあります。事前に掘り返して調査してみないと分からないので、そういうトラブルが起こりやすくなります。

□シロアリ、騒音被害なども

建物に関する売買で起こりやすいやすいのが、シロアリ被害や近所の騒音被害などです。シロアリ被害などは建物の内部まで入念に調査しないと分からないものです。その調査にも費用がかかるので、売り手側としては費用をかけたくないというのが本音です。十分な調査をせずに売却してからシロアリ被害が発覚したというケースもあります。

近年増えてきているのが生活騒音についてです。生活騒音の被害は個人によって大きく感じ方が違ってきますが、買主が「騒音被害を受けている」と主張すれば「騒音」になるケースが多いです。

□事前の慎重な検討が必要

不動産の売買では買主は購入前にその物件を十分に調査して購入を決定する必要があります。売主側も知らない瑕疵がある場合や、知っていても隠している場合も考えられます。購入後にトラブルにならないように、事前に物件を検討することをおすすめします。