マンション売却を考えられている方必見!マンションの売却のタイミングはいつ?

大阪市西区の不動産を売却したいと思っている人もいますが、その際はタイミングがとても大事です。タイミングを間違えてしまうと思うように売れなくなってしまう恐れがあるので注意が必要です。

□マンション売却は時期を考慮?

マンション売却をする場合は時期を考慮するようにします。具体的には、日本において引っ越しが活発に行われるようになる3月や9月に合わせて計画を立てておくと良いです。その中でも特に4月は新学期が始まる時期であり、それに合わせて多くの引越しが見込まれます。

□2,3月が狙い目

検討が始まる2月から3月に合わせてマンション売却をするように準備すると、高値で売ることが可能です。4月に入ると既に住居が決まっている場合が多く、新生活もスタートしているので売れなくなるため、必ず新生活が始まる前に売るようにしましょう。

会社の転勤の場合も同様で、焦って2月から3月にかけて購入する人の割合が多いです。売り出しをするのは1月ごろを目安と考え、2月から3月を目指して売却するようにします。直前に始めれば長引くことなく売ることができて良いです。

□築年数も大切な要素

築年数も非常に大切な要素の一つです。新しいほうが単価が高くなり、築年数が増えるにつれてどんどん単価が下がってきます。マンション売却の場合は特に新築に需要があるケースが多く、築0~5年の間におよそ2割下がります。築6~15年ではなだらかに下落していきますが、築15年を迎えると一気に価格が落ち込んでしまうので注意が必要です。築6~15年が売るのに適したタイミングであり、築20年を過ぎるとそれ以降はそれほど単価の変動はなくなるのでいつ売っても問題はありません。

□修繕履歴も重要

修繕履歴があるかどうかも購入を検討する場合に重要となってきます。中古住宅を買おうと考えている際に、購入者は修繕履歴が保存されているかどうかということを重視する傾向があります。建ててから年月が経っていると修復するための負担が大きくなるので価格は下がりますが、ある程度経過していても修繕した直後であれば売れやすくなるので、そのタイミングでマンション売却をすることがおすすめです。

□所有期間

所有期間も大切となってくるので、しっかりと把握して理解を深めておくことが大事です。不動産を個人が売却して譲渡所得というものが生じると、所得税を納めなければいけなくなります。所有期間が5年以下の場合たくさんの所得税を納めなければいけないため、できるだけ税の負担を軽くするためには所有期間が5年を超えたタイミングで売却するようにしましょう。