【大阪市西区の不動産会社が解説】2020年以降の不動産の価値は?

2020年以降、大阪市西区の不動産価値はどのように変化するのでしょうか。

全国的には不動産の価値が減少していく傾向にあるのではないかと予想する人もいますが、正確なことは誰にも分からないのが実情です。日本は少子高齢化の社会に向かっていると指摘されるようになって久しく、長期的な視点で考えると人口が減っていく傾向にあります。

この状態では不動産の価格が下落すると考えることもできますが、日本で生活する外国人の数が増えるという予想もあるので、総合的な日本の人口が大きく減ることはないかもしれません。日本の人口が減ることで土地やマンションなどの価格が下がるとしても、それは地方からになるはずです。

□人口減少の心配はなし

その点、大阪市西区は近い将来の人口減少を心配する必要はなさそうです。まず大阪市が関西地域の中でも代表的なエリアですから人口が集中する傾向にあり、商業的に大きく発展しているエリアです。また西区は大阪市の中でも古い歴史を持つ区でありながら、人口の増加が続いているエリアでもあります。高層マンションや商業施設の再開発が行われている影響で、若い世代が多いことでも知られています。

住宅の需要が減るどころか増えているのが大阪市西区の現状で、この状況は少なくともあと数年は変わらないと考えるのが適切でしょう。不動産の価格がほかのエリアよりも大きく下落するリスクは少ないといえます。

□社会情勢の影響を受ける不動産

不動産の価値は社会情勢の影響を受けるのは間違いありません。しかし、物件の立地や設備が悪ければ社会情勢がどんなによい状態にあっても価値は下がってしまいます。「最寄り駅から近い」とか「建築されてから日が浅い」などの好条件があるなら、西区のようなエリアでは高い価格で取引されるのが通例です。

少々時代が変化したとしても、土地の場所や物件のクオリティなどの基本的な条件が満たされていれば、高い資産価値があると判断される可能性が高いといえます。建築からある程度の時間が経過している物件はどうなるでしょうか。

築年数が多いほどマイナス材料として認識されることもありますが、適切にリフォーム(またはリノベーション)を実施して、その情報を詳細に公開していれば問題ない場合もめずらしくありません。きちんとメンテナンスされていると分かれば、逆に好印象を持ってくれる買い主・借り主は存在します。古い建物で、周辺の生活環境も今ひとつの場合は思い切って建て替えをするか、売却を検討するのもひとつの選択肢です。

西区は人口増加の傾向が続いているエリアなので、売却するとしても興味を持つ人が現れる可能性はおおいに期待できます。