【大阪市の不動産会社が解説】マンション買い替えのコツ

家族構成の変化や仕事の都合で、現在のマンションでは快適な暮らしを送るのが難しくなるケースは少なくありません。マンションは高い買い物なので、何度も買い換える訳にもいかないし、慌てて引っ越しをしても損をする可能性が高いです。ではどうすればマンションを上手に買い換えられるのでしょう?今回はマンションの買い替えのコツを紹介するので、無駄なコストや時間を省くためにもぜひ参考にしてください。

□コツ① 買い替えのタイミングの把握

いつマンションを買い替えるべきか、そして具体的な引き渡し/引っ越しのタイミングを明確にしておいてください。目先の都合のためにすぐに引っ越しをすると、再びマンションを買い替える羽目になるかもしれません。子供の学校や配偶者の仕事のことも考慮し、家族でじっくり話し合ってから決めましょう。また、買い替えの手順としては「先行売却」と「先行購入」の二つに分けられます。

両者の大きな違いはタイミングです。

先行売却では、マンションの売却を決定してから新しい家を探すので、じっくりと次のマンションを探すことが可能です。売却後なので予算も把握できて安心です。

しかし、仮住まいを借りなければならないので、引っ越しの手間はかかってしまいます。逆に、先行購入の場合、売却よりも先に新しい物件を購入するので、仮住まいを用意する必要がなく、引っ越しが円滑に進められるメリットがあります。

ただ、住宅ローンが二重にかかってしまったり、マンションの売却価格が想定よりも低い場合には、返済が困難になってしまいます。「先行売却」と「先行購入」どちらにもにメリット・デメリットがあります。ですが、これらの2つの方法を知っておくだけでも、思いがけない損を防ぐことができますよ。

□コツ② 住宅ローンの把握

マンションに限らず、家を買うときにローンを組む方がほとんどですよね。売却にあたって、ローンがいくら残っているかを把握することで、資産計画が立てやすくなります。その次にマンションの一括査定を行い、市場価格の相場を知ります。売却代金でローン残債を完済できなければ、抵当権を外せず、売却が困難になるので注意してください。また、売却代金がそのまま新しいマンションの購入代金に充てられる訳ではありません。仲介料や登記等の売却諸経費が別途必要になるからです。

□まとめ

今回はマンションを買い替える際のコツについてお話しました。急な転勤や家族構成の変化があっても、焦ってマンションを買い替えるのはやめましょう。しっかりと状況を把握し、次の物件を探す事が重要です。これからマンションの買い替えを希望している方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。