【今更聞けない!!】 不動産売却に必要な書類って何?

不動産売却を検討されている方はいらっしゃいませんか?

「売却に必要な書類はなに?」「売却が初めてで不安」こうお悩みの方もいらっしゃるはずです。そこで、今回は、不動産を売却する際に必要な書類をお伝えします。

□不動産会社に仲介してもらうときの書類

まずは、不動産会社に売却を仲介してもらうときに必要な書類をお伝えします。

*登記簿謄本または登記事項証明書

これらは、不動産の登記に関する詳細を記載した書類です。法務局で申請することで取得できます。

*売買契約書

自分が前の持ち主から不動産を買い取った際に、契約した内容が書かれている書類です。引き渡し日、売買価格、といった情報が記載されており、不動産の現状を確認するために必要です。紛失した場合は、購入した不動産会社に問い合わせてみましょう。

*登記済権利書または登記識別情報

これは、売り主が不動産の本当の所有者であるかを確認するための書類です。この書類によって移転登記をすることで、所有権が移転します。

*固定資産税納税通知書と固定資産税評価証明書

買主が固定資産税の納入金額を確認するために必要な書類です。売り主が納税した最新のものを準備する必要があります。紛失した場合は、市区町村の役所で郵送してもらえる場合がほとんどです。

*境界確認書、土地測量図

一戸建てや土地の売買の際に必要で、土地の面積や境界線が記載してあります。この書類がなければ、隣の住民とトラブルになる可能性もあります。

*物件の図面

物件の間取りと設備を確認するための書類です

*建築確認済証と検査済証

物件が建築基準法で定められた基準に適合しているか確認できる書類です。これらがなければ違法な建築になってしまうこともあるので、注意してください。

*建築設計図

売却される物件がどのように設計されたのか、きちんとした工事が行われていたのか、リフォーム状況はどうなっているかについて証明できる書類です。

□買主に引き渡すときに必要なもの

次に、買主に引き渡すときに用意しておくものをお伝えします。

*本人確認書類

売り主が所有者と同一人物か確認するために必要です。運転免許証や、パスポート、保険証などが有効な書類です。

*実印

実印とは、役所で印鑑登録した印鑑のことを指します。印鑑登録をしていない場合は、役所で登録しなければいけません。

*印鑑証明書

印鑑証明書とは、実印が売り主の印鑑であることを証明するものです。この書類の有効期限は3か月ですので、注意してください。

*銀行口座の通帳

不動産売却では、多額のお金が動くので、振り込みで支払われることがほとんどです。そのため、銀行口座の通帳を用意しておきましょう。

*ローン残高証明書

売却不動産にローンが残っているときには、それを買主に知らせなければいけません。そのための書類がローン残高証明書です。

□まとめ

今回は、不動産売却の際に必要な書類をお伝えしました。数も多いので、今回お伝えした情報を参考に、不足がないように準備してくださいね。