【大阪の不動産会社が解説】 不動産の査定って費用がかかるの?

不動産売却を検討されている方はいらっしゃいませんか?

「査定には費用がかかるの?」「無料で査定してもらえないの?」こうお考えの方もいらっしゃるはずです。そこで、今回は、有料査定の特徴と査定に要する費用、無料査定の特徴をお伝えします。

□有料査定

有料査定とは、国家資格をもつ不動産鑑定士による査定のことで、主に、会社間の不動産取引や、遺産相続でのトラブル、賃料でトラブルになったときに使われます。

*特徴

有料査定は、上記で述べた場合のように、不動産を適正価格で売買するときや、裁判所に証拠として提出する可能性がある場合に実施されます。提示した適正価格が売却価格よりも安ければ、不動産鑑定士の信用が失われますので、少し低めに価格を提示する傾向があります。

*費用

不動産鑑定士による査定にかかる費用は、不動産の種類によって異なりますが、約20万円ほどです。

□無料査定

無料査定とは、不動産会社が行う査定のことです。法律によって、不動産鑑定士以外は不動産の査定によって報酬を受け取ることはできないと定められているため、不動産会社による査定にお金がかかることはありません。

*特徴

不動産会社による査定は、営業の一種です。不動産会社は、不動産の売却をすすめて、仲介手数料を得ることが目的としてあるため、査定金額を少し高くします。しかし、実際に、不動産会社を通して売却してみると査定額よりも低くなったという状況に陥ることもあります。そのため、査定額の高い不動産会社と容易に仲介契約を結ばないことが重要です。

□一般人が不動産を売却するときは

「一般人の不動産売却には有料査定と無料査定のどちらが良いの?」こうお考えの方もいらっしゃるはずです。結論から言うと、一般の個人が不動産を売却するときは、無料査定をおすすめします。なぜなら、不動産会社に査定を依頼することには、不動産の価格を知るという目的だけでなく、信頼できる不動産を見抜くという目的があるのです。

つまり、個人はいくつかの不動産会社に査定を依頼し、おおよその適正価格を知ると同時に、異常に高い価格を提示した不動産会社を仲介の候補からはずすことができるのです。その結果、悪質な不動産会社を避けることができます。

□まとめ

今回は、不動産を売却する際の、有料査定の特徴と費用、無料査定の特徴をお伝えしました。個人が不動産を売却する際には、費用がかからない無料査定をおすすめします。いくつかの不動産会社に査定を依頼し、信頼できる不動産会社を探してみてください。