【不動産売却で知っておきたい!】 売却に必要な手数料って?

不動産売却でお困りの方はいらっしゃいませんか?「不動産売却をするときの手数料は?」「手数料をできるだけ少なくしたい」こうお考えの方もいらっしゃるはずです。そこで、今回は、不動産売却の際にかかる手数料の特徴と、計算方法をお伝えします。

□不動産売却の手数料とは

不動産売却でかかる手数料とは、不動産会社への仲介手数料です。個人が不動産を売却するときは、不動産会社に依頼するのが一般的です。不動産会社を通じて不動産が売れた場合、成功報酬として料金を支払います。それが、仲介手数料です。

□仲介手数料の計算方法

仲介手数料は、以下の計算式で求められます。

仲介手数料=(売買価格×a%+6万円)+消費税

仲介手数料の計算方法は、売買価格によって異なります。価格が200万円以下のときは、aの部分が5%以内、400万円以下のときは、4%以内、400万円以上のときは、3%以内というように、売買価格によって仲介手数料は異なります。例えば、売買価格が3000万円だったときは、仲介手数料は103万6800円になります。

□値引き交渉できるのか

上記で述べたように、仲介手数料は高額です。そのため、「少しくらい値引きできないの?」こうお考えの方もいらっしゃるはずです。結論を言うと、値引きができることもあります。仲介手数料の計算方法は、あくまで上限金額であり、法律で定められた絶対的な価格ではないのです。上限ということは、不動産会社との話し合いにより、値引きできる余地は残されているということです。

最近では、「仲介手数料半額!」や「~%オフ!」と宣伝している不動産会社もあるので、探してみることをおすすめします。しかし、このような場合でも注意すべき点があります。

仲介手数料の安い不動産会社は、コストのかかる紙媒体での営業をせずに、インターネット上での営業のみをする場合があるのです。その場合、不動産がいつまでたっても売れないという状況に陥ってしまうこともあります。

*値引き交渉はいつするか

では、値引き交渉はいつすればいいのか、という疑問にお答えします。値引き交渉をするタイミングとしては、仲介の契約をする前の段階が良いです。契約を結び、不動産会社が売却に力を入れ始めた後に値引き交渉を始めても、不動産会社に迷惑がかかり、値引きできないことがほとんどですので注意してください。

□まとめ

今回は、不動産売却の際にかかる手数料の特徴と、計算方法についてお伝えしました。今回お伝えした情報を参考に、不動産売却を行ってください。