【大阪の不動産会社が解説】 不動産買取で必要な費用って何?

不動産の買取を依頼する際には、手数料や税金など様々な費用が掛かってしまうと不安になる方も多いと思います。実際買取の際に費用について考えておかないと、買取の際に資金計画が狂う可能性もあります。そこで今回は、不動産の買取の際にかかる費用について詳しく見ていきましょう。

□不動産買取とは

買取は、物件を不動産会社に買ってもらうことです。仲介手数料が不要で売れますが、相場より高い価格で売ることは難しいと思っておきましょう。

□不動産買取にかかる費用

不安に思われている方も多いかと思われますが、不動産買取では比較的、費用は少なめで抑えられます。買取の際にかかる費用は以下の通りです。

*印紙代

契約書に貼り付ける必要があります。買取価格が3,000万円の場合は10,000円の印紙代が必要になります。

*ローン抵当権抹消登記等

住所の移動や、抵当権の抹消などに必要となります。2~10万円程度が相場です。

*所得税、住民税

不動産を売却すると、売却金額を受け取ることになるので、その分が、譲渡所得として計上されます。その分に関しては税金もかかってくることになります。

*引越し費用

□不動産仲介とは

仲介とは、物件を不動産業者が仲介となって個人などに売ることを言います。買取に比べ高めで売れる可能性もありますが、仲介手数料が必要となり、また買い手が見つからないこともあります。

□不動産仲介にかかる費用

不動産仲介には、不動産買取よりも多くの費用がかかることが一般的です。不動産仲介にかかる費用は以下の通りです。

*仲介手数料

買取と違い、不動産仲介においては、仲介手数料が必要となります。仲介手数料の上限は、契約金額の全体の3%に6万円を足した金額となります。1000万円の3%に6万円を足して、36万円となり、ここに消費税8%を足して38万8800円が不動産会社が受け取る報酬である仲介手数料となります。

*印紙代

契約の際に契約書に貼り付ける必要のある印紙です。印紙代は契約金額によっても変動します。国税庁ホームページに詳細が記載されています。

*広告代

不動産会社が負担してくれることも多いですが、不動産買取では買取主を探すために広告宣伝を行う必要があり、その分の費用も余計に掛かってしまいます。

*ローン抵当権抹消登記など

住所の移動や、担保権の抹消などに必要となります。2~10万円程度が相場となります。

*所得税、住民税

不動産を売却すると、売却金額を受け取ることになるので、その分が、譲渡所得として計上されます。その分に関しては税金もかかってくることになります。

*引越し費用

□まとめ

今回は、不動産買取や仲介にかかる費用について見てきました。不動産買取の際に、収入面だけを見て、引越し費用などを忘れてしまうと、資金計画がうまくいかないこともあります。不動産を取引する際は必ず取引にかかる費用を考慮しましょう。

費用のことについて不明な点があればお気軽に、大阪で営業している堀江不動産までお問い合わせくださいませ。