【大阪の不動産会社が解説】 仲介と買取って何が違うの?

不動産を売りたいと考えたときには、主に「不動産買取」と「不動産仲介」の2つの方法が考えられます。不動産の売却を初めて行うという方にとっては、これらの違いについて詳しくない方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、両者では売れる値段に違いがあるなど、その違いを知っておかないと損をしてしまうこともあります。そこで今回は、損をしないためにも、買取や仲介の違いについて詳しく解説するのでぜひ参考にしてみてください。

□不動産買取とは

買取は、物件を不動産会社が購入することを意味します。仲介手数料などがかからずに売れますが、相場より高い価格で売ることは難しいと思っておきましょう。

□不動産仲介とは

仲介は、物件を不動産会社が仲介して他の個人などに売ることを指します。買取よりも高く売れる可能性もありますが、不動産会社への仲介手数料が必要となります。また購入者が見つからない場合もあります。

□買取と仲介の違い

*買主の違い

大きな違いのひとつとして挙げられるのが買主の違いです。買取では会社が、仲介では個人が購入します。

*売却期間の違い

仲介での売却を希望する場合は、購入意思のある個人などを探す必要があるため、買取よりも売却期間が長くなる傾向があります。最悪の場合は購入意思のある個人が見つからないこともあります。

*売却価格の違い

仲介では市場価格で購入意思のある個人などを探すので、購入が決まった際は、市場価格に近い価格での落札になります。しかし買取では市場で取引しないので安めの価格での売却となります。

□不動産買取と仲介の利点・欠点

*不動産買取の利点・欠点

買取では買主の不動産業者と直接取引ができるので、売却までの期間が短い利点があります。また広告を出さないので、近所の方にすぐには知られず売ることができます。一方で、売れる値段が仲介に比べて安くなるのが欠点と言えます。

*不動産仲介の利点・欠点

仲介の利点は高くで売れることだと言えます。しかし、購入者を見つけるまで長く時間がかかる可能性があり、さらに買い手が見つからない可能性も考えられます。

また、価格が付きにくい物件は、工事などが必要となり、結果として不動産買取よりも手元に残るお金が少なくなってしまう可能性もあります。

□まとめ

今回は不動産買取と仲介の違いや、それぞれの利点、欠点について見てきました。それぞれに良い点も悪い点もあるので今回の記事を参考に買取か仲介を選んでみましょう。不動産買取、仲介についてご不明な点がある場合は、お気軽に大阪で営業する堀江不動産までお問合せくださいませ。