【大阪の不動産会社が解説】 買取でよくあるトラブルをご紹介!

不動産買取の際は多くのお金が動きます。そんなときにトラブルなどが発生してしまうと気が気ではないですよね。しかし、国土交通省の発表によると、平成27年度の不動産取引の際には1449件もの苦情や係争などのトラブルが発生しています。

このようなトラブルに巻き込まれないためには、事前によく起こるトラブルなどについて知っておくと効果的です。そこで今回は不動産買取の際に考えられるトラブルについて詳しく見ていきましょう!

□不動産買取の際によく起きるトラブル

*契約解除の際のトラブル

契約を解除する際は、不動産買取において最もトラブルが発生しやすくなります。やっぱり売るのをやめようと思ったときに、もうすでに契約完了しているので解除できない、手付金が返ってこないという問題が多く発生しています。契約解除の際のトラブルに巻き込まれないためには、事前にどのような場合に契約解除できるか、解約するとどうなるのかを契約前に必ず確認しておきましょう。

*売主の過失のトラブル

不動産買取の際のトラブルには、売主に過失がある場合もあります。例えば、物件の柱がシロアリに食われているという不利な条件を隠したまま売却を行うと、後から大きなトラブルになります。そしてその責任はすべて売主にある可能性が高いので注意が必要です。

売主の過失のトラブルを起こさないために、不利な条件などを隠さずに不動産業者に伝えておきましょう。

□トラブルが発生しやすい不動産会社の特徴

トラブルが発生しやすい業者とそうでない業者はどのようにして見分ければ良いのでしょうか。

*対応が遅い不動産会社

不動産買取の際のトラブルはコミュニケーション不足から発生することが非常に多いです。そのため、担当の職員の方の連絡などの対応が遅い、適当と感じた場合は要注意です。できれば契約前に他の不動産買取業者に変えた方が無難かもしれません。

しかし基本的に不動産会社が信頼できるかどうかはご自身で足を運んで判断するしかありません。不動産会社を選ぶ際はひとつに絞るのではなくて、複数の不動産買取業者の話を聞いてみましょう。

□まとめ

不動産買取においてよく発生しているトラブルやそのトラブルに巻き込まれない方法などについて見てきました。不動産買取業者選びの際に何と言っても大切なのが複数の業者に実際に会うことです。また、不動産買取業者について、口コミなどを掲載しているサイトなどもあるので、そちらを参考にしてみても良いかもしれません。本記事を参考にしていただき、トラブルのない不動産買取を行っていただけると幸いです。