【大阪の不動産会社が解説】 事前準備で注意するべきこととは?

「新しい家に引っ越ししたい」「資金の足しにしたい」不動産買取を行う理由は人によって様々です。しかし不動産買取は人生で多く経験するものではなく、どのような事前準備をすればよいのか分からない方も多くいらっしゃるかと思います。今回の記事では、スムーズに不動産買取を行うために、必要な準備書類など事前準備について詳しく解説していきます。

□不動産を売る際に必要な書類

不動産を不動産買取に出す際は、様々な必書類が必要です。ひとつでも用意を忘れていたりすると、取引が開始できないこともあるので、注意して事前準備を進めましょう。

*売主の情報に関する書類

不動産買取をする際は売却する本人を証明できるものが必要です。売主本人の身分証明書や、実印、印鑑証明書、住民票などがこれに当てはまります。売主情報を用意する際の注意点は、物件が共有物件の場合には、共有している人全員の確認書類が必要になることです。また、住民票など行政が発行する証明書などには有効期限があり、基本的には発行から3カ月以内が有効期限である場合が多いです。

*登記権利書もしくは登記識別情報

法務局から登記している名義人に発行される公的な証明書で、一般的には「権利書」という呼び方をされます。非常に重要な書類であり、名義人が本当にその土地や物件を所有しているのかということを証明するものです。

*固定資産税納付通知書(固定資産税評価証明書)

固定資産税がどれくらいかかるのかということを明記した書類です。最も新しいものを準備しておきましょう。

*土地測量図

不動産の買取を行う際は、価格の決定のためにも、敷地面積や、隣の区画との境界線を明確にしておく必要があります。それらの証明となるのが土地測量図です。

*建築確認済証

戸建住宅の買取を行う際は、その物件が建築基準法などの法令などを遵守しているかを確認しておく必要があります。

□まとめ

今回は不動産の買取をする際に必要な事前準備の書類について取り上げました。不動産買取を行う際はぜひ参考にしてみてください。不動産買取では非常に多くの書類が必要になり、煩わしく感じられることもあるかもしれません。しかし、安心して不動産を取引するためには全ての書類を不備なく準備しておきましょう。

もちろん不動産業者も手厚くサポートするので、事前準備を不安に思う必要はありませんよ。準備書類をはじめ、不動産関係のことについてご不明な点などがあれば、大阪の堀江不動産までぜひお気軽にお問い合わせください。