【大阪の不動産会社が解説】 ローンが残っていても売却はできるの?

「住宅ローンは残っているけど不動産売却をすることはできるのかな?」

このような疑問に答えます。

自分が持っている不動産を売却するとはいっても、ローンが残っていると、買い取ってもらえないのではないかと不安になってしまいますよね。しかし、ある条件を満たせば、ローンが残っている不動産でも売却することができます。そこで、ローンは残っているけど、不動産買取を考えている方に向けて、ローン付き不動産を売却する方法を紹介します。

□ローン付き不動産を売却する際に知っておきたい抵当権

ローンが残っている不動産を買い取ってもらうには、抵当権を抹消する必要があります。抵当権とは、ローンを組む時に金融機関が購入する物件の担保として設定する権利のことです。万が一ローンを支払えなかった時、金融機関は抵当権を行使することによって、住宅を市場に売り、ローンを回収することになります。そのため、抵当権を抹消して初めて、不動産を売却することができます。

□どんな場合に抵当権を抹消し、ローン付き不動産を売却することができるの?

ローンは残っているけど、売却することができるパターンは以下の3つです。

・売却したお金でローンを完済する

・自己資金で足りない分を補う

・任意売却をする

詳しくはこれから順を追って解説します。

*売却したお金でローンを完済する

売却したお金を受け取るのと同時にローン完済ができる「同時完済」という方法があります。これができるとローンの支払いだけでなく、手元にもお金が残るので、この方法で買取できるのが最も望ましいです。また、自分の持っている不動産を高い値段で売却するには、不動産査定一括サイトなどを用いて、相場を把握することが大切になります。

*自己資金で足りない分を補う

もし不動産を売却したお金で足りなければ、自己資金で、不足分を補う必要があります。また、物件の引き渡し時に不足分を現金で支払わないといけないので、注意する必要があります。

*任意売却をする

任意売却とは、金融機関に住宅ローンを残した状態で抵当権を抹消し、物件を買い取ってもらうことです。ただ、この方法を用いると、ブラックリストに載り、新たにローンを組むことが難しくなる可能性があります。そのため任意売却はどうしてもローンを支払うことができないという場合に用いる最終解決方法となります。

□まとめ

このように住宅ローンが残っていても、上記のような方法を用いれば、支払いが可能となります。ただ、最後の任意売却に関してはかなりリスクがあるので、極力避けることをおすすめします。住宅ローンが残っているけど、不動産買取をしたい方はぜひ参考になさってください。もし何か他にも不動産買取について、不明点などありましたら当社までお気軽に問い合わせください。