【大阪の不動産会社が解説】 買取を業者に依頼するメリットとは?

「不動産を買い取ってもらいたいけど、業者に頼むメリットってなんだろう?」

当記事ではこのような疑問にお答えします。不動産買取をしようと思っても、なかなか自分ではどうすればいいのかわからないですよね。しかし不動産の売買は取引額が高額なので、大きな損をしないように慎重に進めなければなりません。そこで今回は買取についてあまりわからない方に向けて、業者に依頼するメリット・デメリットを紹介します。

□不動産を売却する方法

不動産を売る方法は「仲介」と「買取」の2種類あります。「仲介」とは不動産会社に仲介してもらい、市場の中で自分が持っている物件の買い手を探す方法です。一方「買取」は不動産会社に直接自分の物件を買ってもらうことを指します。それぞれ良し悪しがありますが、今回は特に買取を業者に頼むメリットとデメリットについて取り上げます。

□買取を業者に依頼するメリット

*短期間でお金を集めることが可能

買取の場合、売却の金額が決まり次第すぐにお金を現金化することができます。そのため、資金計画を明確にしたい場合に有効です。

*仲介手数料が不要

買取であれば、直接買取会社とやりとりするので、仲介手数料を取られる心配はいりません。これは、「仲介」の場合と比較した際の、「買取」の大きなメリットでしょう。

*リフォーム費が不要

不動産を買い取った不動産会社自身がリフォーム・リノベーション工事を行うので、売却する側はリフォームしなくても構いません。そのため、負担は売る側にしてみれば、かなり少ないということができます。

*周りに売却していることがばれる心配がない

仲介だと、不動産会社のホームページなどに掲載されるので、売却しようとしていることがばれてしまう可能性があります。しかし買取だと直接業者とやりとりするため、人に知られてしまう心配をする必要がありません。

*買取を業者に依頼するデメリット

一方、買取を業者に依頼することにはデメリットもあります。それは相場より高い価格で売ることは難しいということです。

□まとめ

不動産売却と聞くと、仲介が一般的ですが、条件によれば買取の方がおすすめの場合も多くあります。そのため不動産売却はメリット・デメリットそれぞれを加味したうえで、自分の物件の条件にあった最適の方法を選ぶようにしましょう。もし何か他にも不動産買取について、不明点や質問などありましたら当社までお気軽に問い合わせください。