【大阪の不動産会社が解説】 不動産買取のデメリットと対策

「不動産買取においてデメリットは何かないのかな?」

このような疑問をお持ちではありませんか?

初めての不動産買取となると、「今持っている物件が不動産買取に合っているのだろうか」と不安に思ってしまうこともあるでしょう。不動産取引は金額が大きい分、悪いケースにはまってしまうと取り返しがつかなくなってしまいます。不動産売買の際は、様々な手法の特徴を知ることが成功するコツなのです。

今回は特に売主と買主の間に立つ「不動産仲介」ではなく、「不動産買取」についてです。当記事では「不動産買取を検討しているけど、デメリットを知りたい」という方に向けて、不動産買取のデメリットとその対策について解説していきます。

□不動産買取について

不動産買取は買取金額が明確であるため、資金計画が立てやすく、リスクを回避できるメリットがあります。では、不動産買取にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

*不動産買取のデメリット

不動産買取のデメリットは市場相場価格より高値で売ることが難しいことです。直接買い取った物件は、そのまま売りに出すことはできず、リフォームやリノベーションを行います。リフォーム・リノベーション費などを踏まえたうえで、利益を計算すると不動産買取の価格はどうしても仲介とそう程度の価格での買取とはなりません。ここからは不動産買取のデメリット対策をご紹介します。

□対策方法

*対象物件の得意な業者を探す

不動産売買のデメリット対策として、「対象物件の得意な業者を探す」という方法があります。物件とはいっても、賃貸アパート・マンションなど買取会社によって得意な対象物件は異なります。そのため、買い取ってもらう対象物件が得意な買取会社を選ぶのが良いでしょう。

*不動産会社に仲介が強い買取会社を探してもらう

買取会社は買取するタイミングに波があります。そのため、その時期を把握している不動産会社に依頼して、買取会社を探してもらうのも一つの手です。

□まとめ

これまで述べたように、不動産買取には仲介と比べて高値挑戦ができないというデメリットがあります。ただ、資金計画を立てたい方やリスクを回避したい方にとってはおすすめの方法です。不動産買取は取り扱う金額もかなり大きいので、様々な角度から十分に検討し、自分の条件に合った最適の方法を見つけましょう。もし何か他にも不動産買取について、不明点などありましたら当社までお気軽に問い合わせください。