大阪で不動産売買をしたい方へ!どの場面で交渉力は役に立つのかを紹介!

「大阪で不動産売買を考えているが、交渉のやり方を知りたい」「不動産売買で交渉力をつけると、いつ役に立つの?」このようなことを考えている人はいませんか。

不動産売買で交渉力を持っていると、どの場面で役に立つのか知りたい方もいるでしょう。今回は、大阪で不動産売買を考えている方へ、交渉力がどの場面で役に立つのかについて解説します。

□どの場面で交渉力は役に立つの?

不動産売買で交渉力が、どの場面で役に立つのかを解説します。

*売り手が転勤などで売る場合

転勤などの理由で売却をする場合は、空き家になっていることが多いです。急な転勤であれば、売りたくない方も多いでしょう。特に個人であれば、時間が経っていない場合は、価格の交渉がしにくいです。そのため、空き家になってから半年以上経っている住宅を、交渉するようにしましょう。

*買い替えで売る場合

住宅を新しく買い替える場合、住宅を早めに売って、お金にしておきたい方が多いです。そのため、なるべく粘って交渉するようにしましょう。場合によっては、100万単位で値下げに応じてくれる場合があります。

*買い手が見つからない場合

長期間買い手が見つかっていない売り手の場合、交渉しやすいことが多いです。特に、数年間買い手が見つかっていない状況なら、かなりの確率で値下げしてくれるでしょう。売り手とよく話し合って、納得のいく価格で購入できることが多いでしょう。

□交渉の注意点を紹介

不動産売買で交渉の注意点について解説します。

*申し込み前の価格の交渉

申し込み前に、価格の交渉をしても、応じてくれないことが多いです。「この方は、買う気がないのでは?」と思われる可能性があります。そのため、申し込みをして「この方は、買う気があるな!」と相手に感じさせてから交渉するようにしましょう。

*大きい費用の価格の交渉

値下げにも、限度があります。売り手は、「少しでも高く買ってほしい」と考えるのが普通でしょう。そのため、大幅に価格を下げてもらう交渉はしないようにしましょう。交渉の価格が大きければ、「予算がないのでは?」と思われてしまい、交渉を聞いてもらえないことがあります。

□まとめ

今回は、大阪で不動産売買を考えている方へ、交渉力がどの場面で役に立つのかについて解説しました。正しい交渉は役に立ちますが、過度な交渉は逆に売り手を不快にすることがあります。そのため、お互いが納得した価格で、取引ができるように心がけましょう。大阪で不動産売買について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。