大阪で不動産売買に興味がある方へ!経費について解説!

「大阪で不動産売買を考えているが、経費がどれくらいかかるのか不安だ」「不動産売買でかかる経費の種類について、詳しく知りたい」このようなことを考えている方はいませんか。不動産売買で、どのような経費がかかるのか、あらかじめ知っておきたい方もいるでしょう。今回は、大阪で不動産売買を考えている方のために、経費の種類について解説します。

□経費にはどのような種類があるの?

不動産売買の経費には、どのような種類があるのか解説します。

*仲介手数料

仲介手数料は、不動産会社に払う手数料で、契約が成立した場合に支払います。仲介手数料は、売買価格の3%に6万円を足したものです。この数字は、法律で決められたもので、売買の金額が400万円を超える場合です。また、これに消費税が加算されることも覚えておきましょう。

*印紙税

印紙税は、売買契約書に印紙を貼って納めます。売買契約書の印紙に消印を押してもらうことによって、納税したことになります。印紙税は、契約金額によって変わります。

*司法書士の費用

不動産売買では、所有権が変わるため、所有権移転登記という手続きが必要です。この手続きは、司法書士に依頼するため、費用がかかります。費用は約2~3万円が相場です。事前に司法書士に問い合わせて、確認しておくとよいでしょう。

*その他の費用

その不動産で測量が必要な場合は、測量の費用がかかります。測量の費用は50~80万円が相場です。また、住宅が古くなっているとクリーニングが必要です。住宅のクリーニングは、その住宅の大きさによっても変わりますが、相場は5~15万円です。

□不動産売買の注意点を紹介

不動産売買の経費や費用の注意点について解説します。

*仮住まいについて

何らかの理由で、新居に引っ越すまで、仮住まいをする方がいるでしょう。仮住まいをする方は、普通の方より引っ越しの費用が必要です。早めに不動産売買をすれば、仮住まいの必要もないでしょう。

*消費税について

どのような不動産に消費税がかかるのかを解説します。建物を購入した方のみ、消費税がかかります。建物を売った方や、土地の売買には、消費税はかからないです。

□まとめ

今回は、大阪で不動産売買を考えている方のために、経費の種類について解説しました。どのようなところに経費がかかるのかを理解して、実際に計算してみるとよいでしょう。 大阪で不動産売買の経費について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。