大阪で不動産売買に興味がある方へ!不動産売買の代理について解説!

「大阪で不動産売買をしたいが、代理でやってくれる企業に頼みたい」「不動産売買を代理でやってくれるサービスについて、詳しく知りたい」このようなことを考えている方はいませんか。自分で不動産売買をするのが、不安な方もいるでしょう。今回は、大阪で不動産売買をしたい方のために、代理で行ってもらうサービスについて解説します。

□代理人の種類について紹介

代理人の種類について、どのようなものがあるのかを解説します。

*法定の代理人

法定の代理人は、法律で定められていて、代理を依頼する方が、未成年や障害がある方の場合の代理人です。これらに当てはまる方は、契約をするのに、必ず代理人が必要です。両親が代理人をするのが一般的ですが、事情によりできない場合は、第三者がすることがあります。

*任意の代理人

任意の代理人は、不動産会社などに代理人の権利を譲る方法です。依頼者は、印鑑と委任状を渡して代理人に依頼します。法的には、誰でもなれるので、不動産に詳しい知り合いに頼むのも可能です。また、高額な不動産取引の場合は、依頼する本人が面談をして、確実に依頼するようにしてください。

□代理のサービスのポイント

代理のサービスのポイントについて解説します。

*不動産が遠方にある

不動産が遠方にある場合は、不動産会社に依頼するといいでしょう。不動産会社に代理を依頼することで、不動産の見学から売買までを行ってくれます。なるべく信頼できる不動産会社で、代理人を依頼するようにしましょう。

*共有して持っている不動産

共有して持っている不動産を売却する場合の代理人について解説します。不動産を共有して持っている場合、権利を持っている方、全員の同意が必要です。しかし、人数が多くなると全員が集まることは、厳しいでしょう。そのような場合は、不動産会社に依頼をして代理人を立ててください。不動産会社に依頼することで、スムーズに売却できることもあるでしょう。

*委任状について

不動産売買を代理人に依頼する場合、委任状が必要です。委任状には、どこまでのことを代理人に任せるのかを、書く必要があります。細かいところまで確認しておかないと、思わぬトラブルになるので注意が必要です。

□まとめ

今回は、大阪で不動産売買をしたい方のために、代理で行ってもらうサービスについて解説しました。不動産売買をする時間がない方や、スムーズにできるのか不安な方には、代理人のサービスはおすすめです。 不動産売買の代理人について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。