大阪で不動産売買を考えている方へ!土地について解説!

「大阪で不動産売買をしたいが、どうすればいいのかわからない」「不動産売買の土地の面積で費用がどう変わるのかを知りたい」このようなことを考えている方はいませんか。今回は、大阪で不動産売買を考えている方のために、土地について解説します。

□土地について

不動産売買の土地について詳しく解説します。

*面積について

不動産で土地の面積のことを地積といいます。土地に関する情報が載っている書類を見ると、地積と書いています。しかし、地積の数字は実際の面積と、少し変わることがあります。これを知った上で、おおよその面積を想像しておくとよいでしょう。

*土地の境界について

土地の購入をする場合、その土地の境界が明確でないことがあります。境界を示す杭があるとよいのですが、その杭がないことや、移動されていることがあります。隣が住宅だと塀がありますが、その塀が実際の土地との境界でないことがあるので注意が必要です。

*測量について

土地の測量をするためには、専門家に依頼する必要があります。周りの土地との境界が重要なので、周りの土地の持ち主や自治体の立ち合いが必要です。

□土地の費用の決め方について

土地の費用の決め方には、どのようなものがあるのかを解説します。

*費用を固定する方法

土地の面積は、正確に測量をしていないとわからないです。

そのため、費用を正確に設定しづらいというのが現状です。正確な面積がわからないため、費用を固定するという方法があります。もし、契約後に測量をして、面積に誤差があるとします。しかし、その面積が変わっても費用は変動しないです。この方法だと、取引は簡単ですが、損をする可能性もあるので注意が必要です。

*費用を変動させる方法

「実際の面積に誤差が出て、損をしたくない」と考えている方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、測量をしてから費用を決定する方法です。この方法では、土地の契約をしてから、測量をします。そして、測量の結果をもとに費用を決定します。実際の面積を測量してから費用を決定するので、損をする心配はないでしょう。

□まとめ

今回は、大阪で不動産売買を考えている方のために、土地について解説しました。土地がどのようにして売買されるのか知った上で、後悔しない不動産売買をしてください。大阪で不動産売買について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。