大阪で不動産売買したい!仲介手数料はいくらかかる?!

「大阪で不動産売買をしたいけれど、仲介手数料っていくらかかるのだろう。」「仲介手数料なしで不動産売買の仲介依頼はできるのかな?」

など、初めて不動産売買される方にはなじみが薄い仲介手数料について、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、不動産売買の仲介手数料について、くわしくご紹介します。

□仲介手数料とは

不動産売買をするときは、不動産会社に仲介を依頼することが一般的です。仲介手数料とは、その仲介業務に対して支払う報酬のことを言います。ただし、仲介手数料は成功報酬のため、売買の契約が成立するまでは支払う必要はありません。基本的に、売買契約時に一括、または契約時と不動産の引き渡し時の二回に分けて半額ずつ支払う方法の2種類があります。

□仲介手数料いくらかかる?

*上限は法律で定められている

宅地建物取引法により、仲介手数料の上限は定められています。ただし、売買したい物件の販売価格によって、取引額と仲介手数料の比率が異なるので注意が必要です。

売買価格が200万円以下の部分は、取引額の5%。

200万円超400万円以下の部分は、取引額の4%。

400万円超の部分は、取引額の3%以内。

それぞれに消費税を加えたものが仲介手数料の上限となります。

*仲介手数料がかからない場合もある

法律で定められている仲介手数料は、あくまでも上限の金額です。不動産会社間での価格競争で、会社のアピール方法として仲介手数料の割引を行っている会社も存在します。そのため、不動産会社によっては、仲介手数料が半額や無料で不動産売買の依頼をすることができる場合もあります。

□仲介手数料の注意点

*仲介手数料の安さだけで選ぶと損をする可能性がある

すべての不動産会社がしっかりと仲介業者として対応してくれるとは限りません。いくら仲介手数料がお得だったとしても、仲介業務の質が低ければ希望通りの取引ができない可能性もあります。不動産売買を成功させるためには、仲介料の安さだけで判断することは危険です。

信頼できるか、また大阪の不動産事情の知識が豊富であるかを基準に不動産会社を選ぶことが重要です。

□まとめ

今回は、不動産売買の仲介手数料について、ご紹介しました。

貯蓄があり、お金に困っていない人にとっても不動産売買は簡単には決断できない存在です。 ご紹介した仲介手数料も一つの判断材料にして、不動産売買を成功させましょう。