大阪で不動産売買!手付金の相場はどれくらい?!

「不動産売買にはなぜ手付金が必要なの?」「手付金はどれくらいの金額に設定すれば良いのか?」

など、不動産売買における手付金について、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、不動産売却時の手付金の役割と相場について、ご紹介します。

□手付金とは

手付金とは、不動産売買契約時に買い手が支払うものです。

*手付金の役割

売買契約を済ませると、様々な準備が始まります。そのような時に、「やっぱり購入しない!」などと、簡単に変更されると売る側も困ってしまいます。一度結んだ売買契約を破棄すると、手付金は戻ってきません。そのため、手付金によって簡単に契約の取り消しができない仕組みになっています。

□手付金の相場

*金額の相場

不動産会社が売り手でない場合、手付金の金額は定められていません。金額は基本的に売り手と買い手の合意によって決めるものですが、手付金は売買金額の5%~10%が相場とされています。ただし、売買金額が高額な場合、手付金の金額も大きくなりすぎるため、100万円を上限とすることもあるそうです。

*支払期限の相場

手付金の期限が、実質契約のキャンセルを行える期限となります。期間の長さの相場は、売買契約日から1ヶ月程度です。期間があまりに長いと、キャンセルの可能性は高くなります。また、極端に短いと買い手に不安がられてしまい、契約に至らないかもしれません。

□手付金における注意点

*買い手がローンの審査に通らなかった場合

家やマンションなどの不動産を購入する際、買い手はローンを組んで代金を支払うことがほとんどです。しかし、ローンを利用するためには審査があります。その審査に買い手が通らなかった場合、手付金を買い手へ返還し、売買契約を白紙に戻すと決められています。

この仕組みは、住宅ローン特約と呼ばれています。

*売り手側が売却を取りやめたい場合

売買契約後に、売り手が契約を破棄することがあるかもしれません。

その場合、買い手から受け取っていた手付金を返し、加えて手付金と同額を買い手に支払わなければなりません。手付金は、買い手が簡単に購入をやめることを防止する一方、売る側も売却を容易にやめられないような仕組みになっています。

□まとめ

今回は、不動産売却時の手付金の役割と相場について、ご紹介しました。売却したい不動産によって、手付金の適切な金額は変わってきます。よく似た物件の手付金の金額を知ることもよい参考になるでしょう。大阪で不動産売買の手付金について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。