費用以上の価値あり!?大阪での不動産売買にかかせない司法書士!

「大阪にある不動産を売却したいけど、司法書士って必要なの?」

「司法書士に依頼するには、どれくらいの費用がかかるのだろう?」

など、あまりなじみのない司法書士について、疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、不動産売却における司法書士の役割と費用について、ご紹介します。

□司法書士とは

司法書士は、書類の提出や登記にかかわる専門的な法律の知識があり、その国家資格を持っている人のことです。例えば、裁判所や検察に提出する書類や登記など、素人が作成するには難しい書類を代行して作成・提出します。不動産売却の際にも、専門用語がたくさん含まれた書類の作成が必要となります。

そのため、司法書士に依頼することで、安全で効率的に不動産売買の取引を進めることができます。

□不動産売却における司法書士の役割

*不動産売却の決済への立ち合い

司法書士は決済に立ち会い、その場で不動産売却に必要な書類を作成します。また、不動産会社などが作成した書類は適切であるか、詐欺の可能性はないかチェックして、正当な取引かどうかもを判断します。

第三者として司法書士に立ち会ってもらうことで、詐欺被害を未然に防ぐことができて安心です。

*所有権移転登記の手続き

まず登記とは、権利の登録をすることです。不動産売買の場合は、不動産にかかわる権利を主張・行使できる人を変更しますという登録のことです。この手続きを、所有権移転登記と呼びます。

*抵当権抹消登記の手続き

抵当権とは、ローンが完済されなかった場合、金融機関が物件を差し押さえることができる権利です。売却する物件にも抵当権が設定されているかもしれません。ローン返済後も、自動的に外れない場合があるので、司法書士に依頼して手続きを行いましょう。

□まとめ

今回は、不動産売却における司法書士の役割と費用について、ご紹介しました。できる限り自分で書類を準備しようとすると大変です。また、詐欺の被害にあってしまうかもしれません。司法書士に書類の作成・提出を依頼して、安全に不動産売買を成功させましょう。