大阪で不動産売買される方必見!確定申告の必要書類のすべて!

「不動産売買の確定申告って難しそう。」

「大阪で不動産を売却するときの確定申告には、どのような書類が必要なの?」

など、不動産売買における確定申告について、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、不動産売却後に行う確定申告の必要書類について、ご紹介します。

□不動産売買における確定申告

会社に所属して働いている場合、所得税などは自動的に差し引かれ、個人で申告する必要はありません。しかし、不動産を売却するとき、仕事とは別にお金を儲けることになります。

そのため個人で支払う税金額を申告し、納付しなければなりません。確定申告は、不動産売買をした翌年の2月16日から3月15日までの期間で行います。期間中に申告が行えなかった場合、延滞金が発生するので気を付けて手続きを行いましょう。

□必要書類の一覧

確定申告を行うためには、いくつかの書類を準備する必要があります。それらの書類は、税務署から入手するものと自分で準備するものに分けられます。

□税務署で入手するもの

お忙しい方は、税務署の公式サイトから入手することもできます。

*確定申告書B様式

確定申告書にはA様式などもあります。B様式は、給与所得や配当所得などに加えて、その他の所得がある方への申告書です。不動産所得は、その他の所得にあたるためB様式に記入しましょう。

また、確定申告書は専門用語が多く、初めての方は戸惑われることも多いでしょう。そのようなときは、申告書の作成ガイドが国税庁の公式サイトに載っているので参考にしましょう。

*申告書第三表(分離課税用)

土地・建物などの譲渡所得は分離課税の対象で、その他の所得と切り離されて特定の税率がかけられます。そのため、分離課税用の申告書も確定申告書B様式とともに準備する必要があります。

*譲渡所得の内訳書

売却した不動産の概要や価格、売却にかかった費用などを記した書類です。不動産を譲渡した後に、税務署から送られてきます。

□自分で準備するもの

*不動産売却時の売買契約書のコピー

不動産を売却したとき、購入者と契約を結んだ売買契約書をコピーしましょう。

*売却費用の領収書のコピー

仲介手数料や印紙税など、売却時に支払った費用の領収書をコピーしましょう。

以上が、確定申告に必要な書類の一覧です。

□まとめ

今回は、不動産売却後に行う確定申告の必要書類について、ご紹介しました。確定申告書が完成したら、そのほかの書類とともに税務署に持って行き、提出しましょう。

期間中はいつ持って行っても問題ありませんが、期日(3月15日)が迫ってくると混雑が予想されるため、注意しましょう。

確実にすべての書類を準備して、申告しましよう。