【堀江の不動産会社が解説】大阪で不動産売却する際の必要書類は?

「不動産売却を考えているが、実際に何を準備したらいいか分からない」このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。そこで今回は、不動産売却する際に必要となる書類についてご説明します。

□売主を証明する書類

持ち主が分からない物件は普通「買おう」とは思いません。有効期限があって、発行から3ヶ月以内の印鑑証明書、免許証や保険証などの身分証明書、実印を用意する必要があります。また、現住所と売りたい不動産の住所が異なる場合は住民票も必要です。他にも、登記識別情報も大切です。というのも、不動産の所有権を買主に移転するためには、この登記を変更しなければならないからです。「権利証(登記済権利証)」と言えば、聞き覚えのある方も少なくないでしょう。これについては、法務局で手に入れられます。

□土地に関する書類

戸建てやマンションを所有している方は、固定資産税を支払っていますね。売却の際は、固定資産税納税通知書、そして固定資産税評価証明書の最新版を手に入れることを忘れないようにしてください。これらは、移転登記の登録免許税の算出に使用する上に、取得時期に応じて、もしかしたら一部の税が売主に払い戻される可能性を秘めた書類なのです。

□マンションの書類

マンションの売却を考えている方は、マンションの維持費等の書類(管理費、修繕積立金)とマンションの規約も準備してください。

□不動産に関する書類

具体的には、建築確認済証および検査済証、建築設計図書、工事記録書が挙げられます。他にも、土地測量図、境界確認書が必要です。これらは、その不動産が建築基準法の基準にきちんと沿っていることを示す大事な書類ですし、買主の信頼を得る効果もあります。

□その他の書類

地震が多い日本では、耐震性はとても重要視されます。大阪も南海トラフ地震の被害予測エリアの一つです。そのため、耐震診断報告書があれば、買主の安心にも繋がるでしょう。他にも、地盤調査報告書、アスベスト使用調査報告書、購入時の契約書・パンフレット等があると、不動産売却が円滑に進みやすいです。

□まとめ

ここまで、不動産売却時の必要書類について説明いたしました。様々な場合に応じて適切な書類を用意する必要がありますので、1人ですべて完璧に準備するのが不安という方はぜひ当社にご相談ください。

堀江不動産では、不動産の高額買取を積極的に行っております。堀江周辺に住んでいる方で、不動産の売却をお考えの際は、ぜひお問い合わせ下さい。