【大阪の不動産会社が解説】ローンが残っている不動産の売却方法は?

多くの人が家を購入する際、住宅ローンを組むでしょう。しかし、諸事情で住宅ローンを払えなくなってしまう人もいます。このような場合に、その家を手放せることもできます。

そこで今回は、住宅ローンが残っている不動産の売却方法についてご紹介していきます。

□抵当権を外す

金融機関で住宅ローンを組む際、あなたが購入した不動産には抵当権がつけられます。抵当権は金融機関にとっての担保です。住宅ローンの返済ができなくなったときに、不動産会社同士の競売にかけることによって、貸したお金を回収するという仕組みです。このことから、抵当権というリスクがある物件を買う人はほとんどいません。そのため、抵当権がついたままの不動産を売ることはほぼ不可能です。

しかし、抵当権を抹消するには、ローンを完済しなければなりません。「えっローン残っていても売却できるんじゃなかったの?」そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

厳密に言うと、住宅ローンつきの不動産を買い取ってもらい、そのお金でローンを完済することで、抵当権を抹消します。その結果、抵当権が外れ、リスクがなくなるので買い手も安心できるといった仕組みです。

ただ、少し大変なのが、この抵当権抹消と不動産の引き渡しを同時に行うという点です。というのも、新たな買い手に所有権が移転した時点で、また新たに抵当権を設定する必要があるからです。

では、売却したお金でローンを完済できない場合についてはどうすればよいのでしょうか。

□売却費よりもローン残債が多い場合

これは、不動産の売却費だけじゃローンを完済できない場合です。オーバーローンと呼ばれ、売却後もローンの残りを少額ずつ払い続けなければなりません。次に引っ越す物件が決まっているのであれば、その住み替え先の住宅ローンに併合することで、抵当権を抹消して売却することができます。

また、競売を回避する任意売却という方法もあります。専門の仲介業者に金融機関との間に入ってもらい、金融機関の合意を得て、抵当権を抹消して不動産を売却する方法です。残債は毎月、少額ずつ返さなければならないのですが。

□まとめ

以上、住宅ローンが残っている不動産の売却方法についてお話ししました。

まずは、売却予定の不動産の資産価値がどのぐらいなのか一括査定してみてください。また、「自分の物件は任意売却の対象なのか」「暫定的にいくらかかるか知りたい」という方は、お近くの不動産会社や金融機関、弁護士に相談してみましょう。