【大阪堀江の不動産会社が解説】共有名義の不動産を売るには?

家族や夫婦で共有名義の不動産を持つ方は多くいらっしゃいます。そういった方の中にも、トラブルや離婚で共有名義の不動産を売却して手放したいと考えている方も少なくありません。

そこで今回は、共有名義の不動産を売る方法についてご紹介します。

□共有名義の不動産を売る方法

不動産を共有名義で所持している、とはどのような状態なのでしょうか?不動産を共有名義にすると、それぞれに持ち分が発生します。この持ち分を「土地」や「建物」と思っている方もいますが、実はただ「その不動産の権利」を分け合っているにすぎません。つまり、AさんとBさんが共有名義の不動産を持っていて、Aさんは売りたいけれどBさんが売りたくないとき、その共有名義の不動産を売却することは非常に難しくなります。

厳密に言えば、持ち分だけを売ることは制度上可能なのですが、建物なら真っ二つに分けることはできませんし、その不動産の一部の権利を買い取りたい人はいないでしょう。仮に売ることができたとしても、共有者とのトラブルになりかねません。

では、どうやったら売れるのでしょうか?

次に、共有名義の不動産を売却する際にできるだけトラブルを回避して売る3つの方法をご紹介します。

*共有者に買い取ってもらう

これは、共有者に自分の持ち分を買い取ってもらうことで、共有名義から外れる方法です。不動産を手放してお金が得られる上に、買い取る側も持ち分が増えるので、スムーズに交渉が進んだ場合、この方法は互いにメリットが大きいです。

*自分が残りの権利を全て買い取って売却する

共有者の持ち分を全て買い取ることにより、その不動産は自由に売却することが可能です。しかし、この方法を取るためには、買い取るための資金、そして共有者の承諾が必要です。

*共有者全員でその不動産を売る

これは、不動産の売却に共有者全員が賛成して初めて成立する方法です。各々の書類を集めなければなりませんが、共有者全員が金銭的な恩恵を受けることができます。この場合は、それぞれの持ち分に応じて、売却費が分割されるのが通常です。

□まとめ

ここまで、共有名義の不動産を売る方法についてご紹介してきました。どの方法にせよ、互いに納得ができるように共有者と話し合いをすることが最初のステップとなるでしょう。トラブルを避けるためにも事前の話し合いは重要です。

当社は大阪の堀江を中心に、不動産の買取を積極的に行っております。共有名義の不動産売却でお悩みの方もぜひ一度ご相談ください。