【大阪の不動産会社が解説】資産価値の高いマンションの選び方は?

マンションを購入する際、資産価値の高いものを選ぶと金融機関からの信頼を得られやすいし、売却する際も高く売れる確率が高いです。しかし、買った時点では資産価値が高くても、だんだんと下がっていくマンションも多々あります。

そこで今回は、資産価値が高く、それが下がりにくいマンションの選び方についてご紹介します。

□立地条件

マンションの資産価値の重要な要素は立地です。では、立地の良い場所とは具体的にどこなのでしょうか?

一つは「駅に近い」場所です。

駅と言っても、電車の駅ならどこでも良いわけではなく、大きな街にすぐアクセスでき、多くの人が利用する駅に近いマンションは、需要が高く資産価値が下がりにくいです。

二つ目は「人気の高い開発エリア」です。

例えば大阪で言うと、北浜から淀屋橋、梅田・難波の周辺は、開発が進んでおり、将来的にも人が多く集まると期待されるエリアですので、マンションの資産価値は下がりにくいでしょう。

三つ目は「希少性の高いエリア」です。

すでに、その地域の土地が住宅で飽和状態にあり、マンションが今後建てられる可能性が低いエリアでは既にあるマンションの資産価値は高く保たれます。このような立地条件に加えて、高い生活利便性を兼ね備えている物件の場合、さらに資産価値は上がっていくでしょう。

□管理体制

いくら立地条件が良くても、そのマンションの管理体制がずさんだと、その物件は劣化が抑えられず、価値が下がってしまいます。

管理体制は次の二つのポイントで判別することができます。

・修繕積立金が積み立てられており、修繕計画がある。

・管理会社と契約していて、定期的なメンテナンスが施されている。

□ブランド

マンションには様々なブランドがあります。例えば、野村不動産の「PROUD」や、阪急不動産の「ジオ」、三井不動産の「パークホームズ」です。こういったマンションブランドは、価値がわかりやすい上に安心感もあるので、マンションの資産価値は自然と高いです。

□まとめ

資産価値の高いマンションの選び方について、立地、管理体制、ブランドの3つの観点からご紹介しました。

確かに、資産価値の高いマンションは購入価格も比較的高くなりがちですが、将来的に売却することを考えると、資産価値の下がりにくいマンションは高値で売れるのでリターンも大きいです。

今回の記事を参考に、マンションを新しく購入する際は、ぜひ資産価値についても考えてみてはいかがでしょうか?