【堀江の不動産屋が解説】マンション売却する時の引っ越しの流れについて

「マンションの引越しと引き渡しの順番はどっちが先?」

「いつ引越しをすれば、引き渡しがスムーズに進むの?」

現在マンションの売却を検討中の方でこのような悩みをお持ちの方はいませんか?そこで今回は、どの段階でマンションの引越しをすれば、引き渡しがスムーズに進むのかについてお話しします。

□引越しはいつするべき?

売買契約を結んでから引き渡しをする日(決済日)までの間に引っ越しをしましょう。一般的には売買契約を結んでから引き渡し日まで1ヶ月〜2ヶ月くらいの時間がかかるのでその間に引越しを完了させましょう。以下、マンション売却の際の引っ越しの流れです。

*売買契約締結

売買契約書を読み合わせ、署名・捺印を行って手付金を受け取ります。その後引き渡し日の調整を行います。

買主が早く入居したいと希望してくる場合もありますが、こちら側も引越しの準備や新居探しに時間がかかります。そのため、お互いの希望を調整しながら引き渡し日を決めましょう。

*引き渡し日を設定する

契約後、買主は住宅ローンの申請に取り掛かります。ローンの通過連絡は大体2週間〜1ヶ月間かかります。その後不動産屋と買主の間で引き渡し日を設定するのですが、この際設定した引き渡し日は変更できないので注意してください。引き渡し日は平日の午前に設定されるので、前日までに引越しを完了させなければいけません。

*引越しの準備と引越しの完了

どこの引越し業者に依頼するかを決め、引っ越しの具体的なスケジュールを立てましょう。同時に次の入居者に気持ちよく住んでもらうためにも、家の清掃を行いましょう。自分では余裕がなくて出来ないという方はハウスクリーニングを業者に依頼するのもおすすめです。

*立会い

売主・買主・売主側の仲介業者と買主側の仲介業者の立会いのもと、部屋にものが残されていないかなどの最終確認を現地で行います。

*引き渡し日

この日をもって物件は買主の所有物となります。

□引越しは引き渡し日までに終わらせよう

引越しが完了せず、残置物がある場合や期日までに退去ができていない場合は契約違反となります。また引越しが延期になってしまうと、その分の補償金を売主が負担しなくてはなりません。引き渡し日までに引越しを完了させるためにも、売却活動と並行して引越しの準備や新居探しを行いましょう。

今回はマンションを売却する際に引越しをいつすれば引き渡しがスムーズに進むのかをお話しました。

これからマンションを売却する方は、ぜひ参考にしてくださいね。