【大阪の不動産会社が解説】再建築不可物件の相場と高く売るコツ

「相続で不動産を手に入れたけど、再建築不可物件だった。」「長年所有している不動産が再建築不可物件と診断されたが、売りたい。」このように、再建築不可物件に関する悩みを抱えている方は少なくありません。というのも、再建築不可物件だからといって放置していても、固定資産税はずっと払い続けなければならないからです。

そこで今回は、その無駄をなくすためにも、再建築不可物件の相場と高く売るコツについてご紹介します。

□再建築不可物件の相場

そもそも再建築不可物件とは、建築基準法43条の接道義務に違反している物件のことを指します。役所からの建築許可が下りないので、増築も建て替えもすることはできません。また、住宅ローンが適用されないため、買い手は少なく、資産価値も低いです。こうした理由から、再建築不可物件の相場は、一般的に普通の不動産の相場の50%〜70%と言われています。

しかし、エリアによって差があり、都市部以外だと売ることも難しいほどです。例えば、東京都は、不動産の売買に流動性があって再建築不可物件の需要も比較的高いので、2000万円前後で取引される場合もあります。一方で郊外の場合は、数百万程度になるようです。

□再建築不可物件を高く売るコツ

ただでさえ価値の低い再建築不可物件。売却するなら、できるだけ高く売りたいですよね。高く売るための一つ目のコツはリフォームです。

リフォームは、役所からの建築許可を取る必要もない上に、再建築不可物件の価値も高めることができます。確かに、リフォーム費用はかかります。しかし、雨漏りや、穴が空いてしまっているような物件の場合は、そもそも内覧すらできないので、安全性の確保のためにもリフォームをおすすめします。

もう一つは、隣接している土地を買い取ることです。そうすることで、接道義務を果たした物件になり、再建築可能になるので、通常の不動産と同様に売却することが可能です。こちらも、土地の購入費用が余分にかかりますが、最終的にはセットで売るので、元々の再構築不可物件よりも売却値段が上がりやすいかもしれません。

□まとめ

ここまで、再建築不可物件の相場と、高く売るコツについてご説明いたしました。

需要が少ないので、資産価値は低くなりがちですが、リフォームや隣接地の購入等で高く売却できる可能性も残っています。弊社は大阪の堀江を中心に、不動産の買取を行っており、再建築不可物件にも対応しております。ぜひ一度お問い合わせください。