【大阪市西区の不動産屋が解説】5年以内のマンション売却のメリットとは?

「今住んでいるマンションの売り時がわからない…。」「新築のマンションを短期で売却するのって実際どうなの?」現在マンションにお住まいの方で、このようなお悩みをお持ちの方はいませんか?中古マンションの売却は「いつ売るか」がとっても大切です。今回は、購入から5年以内に新築マンションを売却するメリットについて紹介します。

□買手が見つかりやすい

中古マンションの中では、築浅不動産が人気なようです。築浅不動産とは、建てられてからまだ日の浅い物件のことを指します。明確な定義はされていませんが、一般的には築5年以内の物件が築浅不動産とされています。高齢化や空き家問題が深刻化する中で、中古マンション市場は買い手市場と言われており、物件の購入まで商談が進まない物件が少なくありません。

そんな中で築年数の浅い物件は他の物件に比べ「新しい」というだけで売却に有利です。いくら中古といえども、購入者は綺麗で清潔なイメージの物件に住みたいと考えます。特に築5年以内の新築マンションには多くの購入希望者が集まるため、他のマンション物件より購入の可能性が高くなります。

□すぐに売れる可能性が高い

新築5年以内のマンションは築年数の長い物件に比べて、床や壁などの劣化も少なく綺麗な状態です。築年数の長い物件だと、売却する前にハウスクリーニングやリノベーションによって家の清掃や床や壁の修繕をする必要があります。新築のマンションであればそのような必要がないので、お金や時間をかけずに物件を売却できます。

□築5年以内のマンションを売るコツ

物件の新築感をアピールすることが大事でしょう。築浅不動産の購入を考えている人は新築ならではの綺麗さや清潔さを求めています。内覧の時には普段よりも家の中を綺麗に片付けて、清潔感を演出するのが良いでしょう。購入希望者はその物件での将来の暮らしをイメージしながら物件を見ています。

清潔感を保ちながらも、日々の暮らしの面影を感じられるような状態にしておけば、購入検討者に「こんな家に住みたい」と思わせることができますよ。今回は新築マンションを5年以内に売却するメリットについてお話しました。

築5年以内に物件を売る短期売却には、所得税と市民税を合わせて39%の税率がかけられるので、税率20%の長期売却に比べて売主に利益が出にくいというデメリットもあります。

しかし、利益を求めずにすぐに物件を売却をしたい方にはそもそも物件購入の可能性の高い短期売却の方が向いているかもしれません。

短期売却でマンションの売却を検討している方にとって今回の記事が参考になれれば幸いです。

【堀江の不動産会社が解説】大阪で不動産売却する際の必要書類は?

不動産売却を考えているが、実際に何を準備したらいいか分からない」このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。そこで今回は、不動産売却する際に必要となってくる書類についてご説明します。

□売主を証明する書類

持ち主が分からない物件は「買おう」とは思いませんよね。有効期限があって、発行から3ヶ月以内の印鑑証明書、免許証や保険証などの身分証明書、実印を用意する必要があります。また、現住所と売りたい不動産の住所が異なる場合は住民票も必要です。他にも、登記識別情報も大切です。というのも、不動産の所有権を買主に移転するためには、この登記を変更しなければならないからです。「権利書」と言えば、聞き覚えのある方も少なくないでしょう。これについては、法務局で手に入れられます。

□土地に関する書類

一戸建てやマンションを所有している方は、固定資産税を支払っていますよね。売却の際は、固定資産税納税通知書そして固定資産税評価証明書の最新版を手に入れることを忘れないようにしてください。これらは、移転登記の登録免許税の算出に使用する上に、取得時期に応じてもしかしたら一部の税が売主に払い戻される可能性を秘めた書類なのです。

□マンションの書類

マンションの売却を考えている方は、マンションの維持費等の書類(管理費、修繕積立金)とマンションの規約も準備してください。

□不動産に関する書類

具体的には、建築確認済証および検査済証、建築設計図書、工事記録書が挙げられます。他にも、土地測量図、境界確認書が必要です。これらは、その不動産が建築基準法の基準にきちんと沿っていることを示す大事な書類ですし、買主の信頼を得る効果もあります。

□その他の書類

地震が多い日本では、耐震性はとても重要視されます。大阪も南海トラフ地震の被害予測エリアの一つです。そのため、耐震診断報告書があれば、買主の安心にも繋がるでしょう。他にも、地盤調査報告書、アスベスト使用調査報告書、購入時の契約書・パンフレットがあると、不動産売却が円滑に進みやすいです。

□まとめ

ここまで、不動産売却時の必要書類について説明いたしました。様々な場合に応じて適切な書類を用意する必要がありますので、1人ですべて完璧に準備するのが不安という方はぜひ当社にご相談ください。

堀江不動産では、不動産の高額買取を積極的に行っております。堀江周辺に住んでいる方で、不動産の売却をお考えの際は、ぜひお問い合わせ下さい。